株式会社エス・エス・アイ

0120988023

“自分が願うことをどんどん引き寄せていく”という世界

あなたの思考や感情には磁力があり、自分を引きつけるものを決定する力があるというのが「引き寄せの法則」の考え方です。
これまであなたが体験してきたすべてのことは、思考や感情が引き寄せていたのです。
“自分が願うことをどんどん引き寄せていく”という世界に思い切って踏み込んでみませんか?
そうすることで、あなたの人生は思い通りに変わっていくでしょう。

考えていることが現実になる「引き寄せの法則」とは
引き寄せの法則

世界中で大ブームを巻き起こした書籍・映画『ザ・シークレット』(角川書店刊)。 この中で紹介された人類史上最大の秘密、それが「引き寄せの法則」です。
歴史上の偉人であるプラトンやニュートン、シェイクスピア、ベートーヴェン、アインシュタインなどは、みんなこの秘密を知っていて、それを使って偉業を遺したといわれています。

『ザ・シークレット』の著者、ロンダ・バーンがこの秘密を知ったのは、娘から贈られた100年前の一冊の本でした。
その本を読んだことによって、人生を成功に導く偉大なる秘密を調べ始めたロンダは、「なぜ、一般の人たちはこのことを知らないのだろうか」と疑問を持ったのがきっかけで、『ザ・シークレット』を執筆しました。

「引き寄せの法則」とは、ひと言で言えば"考えていることが現実になる"ということです。

誰かが考えなければ、車も飛行機もこの世には存在しませんでした。
空を飛びたいと思わなければ、飛行機は生まれなかったのです。

言い換えれば、すべての物の前提に「思考」があり、その「思考」に引き寄せられて「物質」が誕生したのだと言えるでしょう。

これを個人の人生に置き換えてみてください。
「思考」こそ、欲しいものをあなたに引き寄せる磁石なのです。

それは物質的なものだけではなく、人や仕事、あるいは幸福感や理想、願望といったものを引き寄せることもあります。

なぜなら、この世のすべてはエネルギーでできており、同じ波長のもの同士を引き寄せ合うからです。
それは出来事だったり、人であったり、物であったりします。

しかし、「引き寄せの法則」は、実際に誰にでも起きていることでありながら、その力を使っている人はあまりいません。
また、この法則が「どんなときも働いている」と断言する人がいる一方で、「まったく働いてくれない」と不満を口にする人もいます。

『ザ・シークレット』の中で賢人の一人として登場するジョー・ヴィターレ博士はその理由を、「引き寄せの法則」は、無意識の層に働くものであり、その中に"反対意思"があるからだと指摘しています。

たとえば、お金を引き寄せようと努力してきたのに、お金が一向に姿を現してくれないと嘆いているのなら、そこには一つの原因があります。 この原因こそ、ミッシング・シークレットと呼ばれているものの正体です。

無意識の中にある"反対意思"それがミッシング・シークレット

引き寄せの法則

ミッシング・シークレットは、「引き寄せの法則」がまったく働いてくれない、あるいは自己啓発書を読んでも一度もうまくいかなかったという決定的な理由を、説明してくれるものです。

多くの人が、やればできるはずのことを諦めてしまうのは、「引き寄せの法則」の中でも語られていなかったさらなる真実、隠されていた秘密に気づいていないからです。

それがミッシング・シークレットの正体であり、ヴィターレ博士がこの『ミッシング・シークレット・プログラム』を制作した理由も、ここにあります。

ミッシング・シークレットの中の一つ、"反対意思"は誰の心の中にもあるものです。

「やはり自分には無理だろう」「自分にできるわけがない」。
無意識にこのような否定的な意思が働くために、望みどおりの人生を送ることができずにいるのです。

人生におけるすべてのことが、「引き寄せの法則」によって現れてくるということを思い出してください。

それは、願うことばかりでなく、願っていないことにも同じように起こるのです。

「引き寄せの法則」は重力の法則と同じと言っても過言ではありません。
意識するかどうかは別にして、この法則は常に働いているのです。

あなたがミッシング・シークレットを利用し、心の中の"反対意思"を消し去れば、「引き寄せの法則」が望むように働き、あらゆることが改善されていきます。

このプログラムでヴィターレ博士が紹介するテクニックの威力は絶大で、そこからは驚くべき成果が生まれてくるでしょう。 自分が求めているものを選択し、絶えずその目標を自分に引き寄せることができるのです。
ほとんどの人が目にしたり聞いただけの魔法や奇跡を、実際に体験できるのです。

あなたはその生きた証になるでしょう。

↑Top↑
Copyright © The Napoleon Hill Foundation Asia. All Rights Reserved.